ネット学習システムを受ける(学習サイトへ移動)

トップページ > 通信教育 >貸付管理 > 自己査定と資産良化対策講座〈上級コース〉

 

自己査定と資産良化対策講座〈上級コース〉

自己査定と資産良化対策講座〈上級コース〉

編著/深田 建太郎(有限会社監査法人トーマツ/パートナー・公認会計士)・倉沢慎一朗((株)KPMGFAS/公認会計士)
●金融検定協会資産査定2級検定試験対応講座
■受講期間 3カ月コース
■テキスト 3冊

カテゴリー:通信教育
商品コード: 213170002
販売価格(税込) 14,400 円

個数

カゴに入れる

自己資産査定は金融機関における経営管理の基本データを経営陣に提供するものであり、貸出債権の償却・引当はその経営管理の重要な要素です。
本講座は自己査定を通じての償却・引当のルール・実際から、自己査定の実践を演習し、さらには、貸出資産の良質化対策として債務者企業のランクアップ手法を具体的に解説しました。金融機関の収益向上に資するための上級者・管理者向けの講座として最適の通信講座です。

→金融検定協会資産査定2級検定試験へ

豊富な演習例で自己査定能力を向上!

●償却・引当の実務を基礎から徹底習得
金融機関の自己資本比率の正確性は、正確な自己査定結果に基づき的確に償却・引当を実施することで担保されます。本講座は上級職・管理職に必要な償却・引当の実務を徹底解説しました。
●査定根拠を示す疎明資料の具備を例示
査定結果には、その根拠を示す疎明資料が必要です。本講座では自己査定に必要な資料の具備の方法を例示することで、確固たる査定根拠の備え方を徹底的に学習します。
●事例演習で実力アップ
事例演習により学習内容の定着を目指します。実態財務データ把握の実務、債務者区分決定・分類額算定の実務、問題のある査定結果の検証、引当金算定の事例など、豊富な事例演習を用意しました。
●貸出資産の良質化手法
事債務者区分が低下する主因は、検討不十分な新規与信の取組みと実行後のフォローの甘さにあります。テキスト3では、これらの問題事例を挙げ、未然防止あるいは改善指導による資産良質化を進める手法を学びます。

主な内容

<テキスト1> リスク管理と償却・引当の実務
第1章 金融検査と管理者の視点
第2章 貸出関連資産の償却・引当の実務
第3章 その他の自己査定と償却・引当
第4章 管理者のための自己査定資料の確認

<テキスト2> 自己査定の総合演習
第1章 実態財務データの把握
第2章 債務者区分判定におけるチェックポイント
第3章 事例による演習
第4章 二次査定または監査上の留意事項
第5章 償却・引当に関する演習

<テキスト3> 経営改善支援と資産の良質化対策
第1章 適切な与信審査・与信管理による資産の良質化
第2章 経営改善支援による資産の良質化
第3章 債務者区分別格上げ手法

オススメ商品

第二版 基礎から学ぶ貸出金査定Q&A

第二版 基礎から学ぶ貸出金査定Q&A

価格(税込) 2,200 円

好評の第一版をよりわかりやすく見やすく全面改訂!
●最新の監督指針等にも十分配慮し解説
●中小・零細企業の査定方法を詳解
●基礎知識から実務上のヒントまで

自己査定と資産良化対策講座〈基礎コース〉

自己査定と資産良化対策講座〈基礎コース〉

価格(税込) 13,370 円

自己資産査定の基本知識を見に付ける
●金融検定協会資産査定(3級)検定試験対応講座