ネット学習システムを受ける(学習サイトへ移動)

トップページ > 書籍 >コンプライアンス > 融資渉外に強くなる法律知識

 

融資渉外に強くなる法律知識

融資渉外に強くなる法律知識

大平 正 編著
A5判・並製・320頁・平成24年6月発行

カテゴリー:書籍
商品コード: 111143808
販売価格(税込) 2,484 円

個数

カゴに入れる

 融資が増えなくて困っていませんか?自信を持って融資後の債権管理ができていますか?
せっかく借入ニーズに接しても、手続きに手間取ったり、何度もミスをしていたのでは、取引先の信頼を失ってしまいます。融資を増やしたり、融資後の債権管理を的確に行うには、融資に関する基礎知識、とりわけ法律知識をしっかりと習得することが必要です。融資に関する法律知識が身に付けば、取引先の借入ニーズや融資実行後の債権管理も自信を持って対応できるようになります。
本書は、取引先から、そして支店内の人たちから信頼される融資渉外担当者となるために必要な融資に関する基本的な法律知識を、知りたい内容を簡単に検索できるよう、項目別に整理してやさしく解説した、融資渉外担当者の基本必携書です。

融資業務の法律知識をマスターして楽々レベルアップ!

●融資実務の疑問点をスッキリ解決
「なぜ手形貸付では金銭消費貸借契約を締結しなくてもよいのか」、「なぜ手形書替の際に旧手形を返却してもよいのか」、「なぜこの手続を省略できるのか?」「こんな手続、もっと簡単にならないのか?」などと感じた方は多いはず。そんな実務の現場で抱いていた疑問が解消します。

●事例130ケースをやさしく解説
融資渉外にあたっては、民法、会社法などの一般法だけではなく、手形法、不動産登記法などの特別法や判例など、様々な法律について知っておかなければなりません。本書は、基本的な法律知識については、「融資受付」「融資実行」「担保」「保証」「融資管理」に項目分けしてよくある事例を、法律知識の応用については異例ケースに踏み込むことにより、法的側面からの事例130ケースについて、容易に理解することができます。

●自然に融資の法律知識を体得できる
本書は、各項目について【事例】→【対応のポイント】→【実務解説】→【法的根拠】の順に記述することによって、読み進めていくだけで自然に融資の法律知識が理解でき、身につくように構成しました。

(主要目次)

第1章 まず押さえておきたい融資の基本的な法律知識
1 融資受付時の基礎知識
2 融資実行時の基礎知識
3 担保の基礎知識
4 保証の基礎知識
5 融資管理の基礎知識
6 融資に関する法的規制の基礎知識
7 融資に関する法的疑問点
第2章 融資の相手方と借入申込みについての法律知識
1 個人融資先のときに知っておきたい法的知識
2 法人融資先のときに知っておきたい法的知識
3 異例ケースでの申込みに役立つ法的知識
第3章 担保の法律知識
1 担保について知っておきたい法的知識
2 不動産担保について知っておきたい法的知識
3 有価証券担保について知っておきたい法的知識
4 動産・債権譲渡担保はどう扱ったらよいか
5 その他の担保の取扱いはどうしたらよいか
第4章 保証の法律知識
1 保証について知っておきたい法的知識
2 保証の種類にはどのようなものがあるか
3 保証協会の免責事由にはどのようなものがあるか
第5章 融資管理の法律知識
1 個人融資で知っておきたい法的留意点
2 法人融資で知っておきたい法的留意点