ネット学習システムを受ける(学習サイトへ移動)

トップページ > 書籍 >財務・会計 > 最新 図解・イラストでみる決算書分析ABC 二版

 

最新 図解・イラストでみる決算書分析ABC 二版

最新 図解・イラストでみる決算書分析ABC 二版

新日本監査法人 著
A5判・並製・304頁・2刷・平成19年11月発行

カテゴリー:書籍
商品コード: 111142375
販売価格(税込) 2,263 円

個数

カゴに入れる

 決算書の各勘定科目は企業の財務状況のほか企業自体の業況を表しますが、赤字企業がよく使う粉飾しやすい勘定科目、売上高の増加に伴って必要となる運転資金、経営者の経営姿勢をみる株主資本変動計算書等々の見方には一定のルールがあって、そのルールを徹底的にマスターすればそれらを読み取ることが可能になります。
本書は決算書がまったくわからない初心者の方にもすぐ活用できるように、100の勘定科目のしくみと見方を解説し、決算書分析の勘どころをまとめました。第二版では、資金繰表に代って登場したキャッシュ・フロー計算書を解説し、さらに会社法等により新たに財務諸表に計上されることになった勘定科目を追加、新しい決算書を的確に理解できるよう改訂しました。

決算書分析、融資判断の勘どころを図解・イラストで伝授
●貸付判断のヒアリングに最適!
儲けがあっても資金繰りの苦しい企業や、資金繰りが常に変化して駆け込み融資を求める企業には、その兆候が必ず貸借対照表の所定の勘定に数字として表れます。面談時にそれをうまく聞き出すことは取引深耕・融資判断に欠くことのできない情報です。
●新会計基準も解説
キャッシュ・フロー計算書のほか、連結会計、退職給付会計、金融商品会計、税効果会計といった新しい会計制度もあますところなく解説しています。どんな決算書にも本書1冊で対応できます。
●初心者の実務学習に最適
決算書を読むのは初めて、という方にもすぐに実践に役立つような平易な解説になっていますので、実務知識習得には最適の書です。
●会社法改正に対応
今回の改訂では、会社法改正による資本から純資産への変更に対応するため、財務諸表の変更などを行い、最新の情報を提供しています。

序章 決算書を見る前に
1.金融マンに要求される会計知識とは
2.企業の決算日程はどのようになっているのか
1章 貸借対照表
1.流動資産
2.有形固定資産
3.無形固定資産
4.投資その他の資産出
5.繰延資産
6.流動負債
7.固定負債
8.純資産
9.計数の見方
10.借入金の見方
2章 損益計算書
1.売上高
2.売上原価
3.営業収益
4.販売費および一般管理費
5.営業外収益・営業外費用
6.特別損益
7.税引前当期純利益
8.法人税,住氏税及び事業税法人税等調整額
9.当期純利益
10.計数の見方
11.売上高の調べ方
12.費用の調べ方
3章 製造原価明細書
4章 株主資本等変動
5章 キャッシュ・フロー計算書
1.キャッシュ・フローを3つに区分
2.営業活動によるキャッシュ・フロー
3.投資活動によるキャッシュ・フロー
4.財務活動によるキャッシュ・フロー
5.フリーキャッシュ・フロー
6.キャッシュ・フロー計算書の分析
6章 新たな会計処理
1.連結財務諸表
2.退職給付会計
3.金融商品会計
4.リース会計
5.デリバティブ取引
6.財務会計と税務会計の乖離
7.税効果会計
8.減損会計