トップページ  > 書籍  > 資産査定2級検定試験模擬問題集
トップページ  > 書籍  > 管理・回収・償却・査定  > 資産査定2級検定試験模擬問題集
トップページ  > 書籍  > 問題集  > 資産査定2級検定試験模擬問題集

資産査定2級検定試験模擬問題集

資産査定2級検定試験模擬問題集

監修:有限責任監査法人トーマツ パートナー・公認会計士 深田建太郎/銀行研修社刊
A5判・288頁・2020年8月発行

金融検定協会2020年11月開催の金融検定試験直前対策に最適!

商品コード:111146342_other
販売価格(税込) 2970 円
申込区分(法人経由申込は法人名選択、個人選択の場合は法人経由申込となりません。)
個数

 金融機関の自己査定、償却・引当は、当該金融機関の業務の正確な実態把握に基づいたものであることが求められています。金融検査マニュアルは昨年12月に廃止されましたが、新たに、金融庁より「検査マニュアル廃止後の融資に関する検査・監督の考え方」が公表されるなど、従前から続けられている旧検査マニュアルに立脚した実務をベースとしながらも、償却・引当等について、新たな視点に基づく実務知識の習得が求められています。本書は、こうした査定、償却・引当等の新たな実務動向を踏まえたものであり、「資産査定2級検定試験」で要求される基礎解説を掲載するとともに、過去実施された同試験の問題を徹底分析して掲載するとともに、さらに予想問題を精選し、次回試験の合格を目指すための直前対策版として刊行しました。


ポスト「検査マニュアル」に完全対応!

◆注目の金融庁・DPについて新たに徹底解説!
「基礎解説」では各教科毎に、試験のポイントとなる知識をまとめて解説、「学習の手引き」では過去出題問題の出題傾向を項目別に一覧表にし、対策学習の重点分野や方向性を分析、提示しました。また、今回より償却・引当の分野で注目される「検査マニュアル廃止後の融資に関する検査・監督の考え方と進め方」(DP)について新たに章立てし、予想問題等を収載しました。

◆8月実施の本試験問題を緊急収載しました!
「2級」出題は五答択一式50問であり、「3級」出題よりも広範な分野から難易度の高い問題が出題される傾向にあります。本書は、分野別に厳選した過去問題及び模擬問題約130問を収載し、直前期における実力アップに十分な内容となっています。前回8月試験を緊急掲載しましたので、試験の新傾向を掴むことができます。

内容目次



資産査定2級検定試験模擬問題集


画像を拡大する




第1章 信用リスク・資産査定管理への役割
~学習の手引き(第1章)~
■ 基礎解説
金融機関の信用リスク管理の重要性/金融検査結果
事例集における問題の所在/金融検査評定制度
■ 第1章 出題
■ 第1章 解答と解説

第2章 管理者による自己査定資料の確認
~学習の手引き(第2章)~
■ 基礎解説
管理者による自己査定資料の確認/債務者区分判定
 ■ 第2章 出題
■ 第2章 解答と解説

第3章 償却・引当の基準と実務
~学習の手引き(第3章)~
■ 基礎解説
貸出関連資産の償却・引当制度の枠組み/貸出関連
資産の償却・引当の基準/償却・引当の実務
■ 第3章 出題
■ 第3章 解答と解説

第4章 資本性借入金
~学習の手引き(第4章)~
 ■ 基礎解説
資本性借入金の効果/資本性借入金の種類/資本的劣後ローン(早期経営改善特例型)/資本性借入金(准資本型)/資本性借入金に係る償却・引当
 ■ 第4章 出題
 ■ 第4章 解答と解説

第5章 金融検査マニュアル廃止による自己査定と
償却・引当への影響
~学習の手引き(第5章)~
■ 基礎解説
ディスカッションペーパー(DP)公表まで/
DPの骨子/償却・引当に関する検討上の留意点
/今後に向けて
■ 第5章 出題
■ 第5章 解答と解説