トップページ  > 雑誌  > 銀行実務2019年1月号
トップページ  > 雑誌  > 銀行実務  > 銀行実務2019年1月号

銀行実務2019年1月号

銀行実務2019年1月号

B5判・96頁
持続可能なビジネスモデル徹底研究
定期購読のお申込はこちら

商品コード:330-1901-0
販売価格(税込) 1324 円
個数

トップインタビュー 当行のビジネスモデル


グループの総合力強化で真に役立つソリューションを提供


 利便性の高い社会インフラによる堅調な地盤を背景に、顧客の新たなビジネス創出、課題解決をグループ一体となって後押しする群馬銀行。預貸収益が全国的に厳しい状況の中、どのようなビジネスモデルを以って向き合うのか、同行齋藤頭取を訪ね、お話を伺った。


群馬銀行 頭取 齋藤 一雄氏


 


特集1 持続可能なビジネスモデル徹底研究


 マイナス金利政策が続き、若者の「銀行離れ」が進むなか、7割の地域金融機関が減収・減益と報じられている。金融機関は、従来のビジネスモデルを見直さなければならないのは言うまでもない。経営方針のみならず、営業店の役割や行職員のワークスタイルから始まる組織全体のあり方から見直し、次世代を標榜する持続可能なビジネスモデルを構築する必要があるだろう。そこで、本企画では金融機関を取り巻く環境変化や新たな営業推進のモデル、店舗の求められる姿に至るまで考察する。


1 マイナス金利等の環境変化と金融機関経営への影響


2 「量」からの脱却と収益確保 ~顧客支援2.0への転換~


3 高付加価値営業の推進 ~顧客支援2.0のための組織のあり方~


4 ITの進展による金融インフラの変貌と金融機関への影響


5 店舗の役割変化 ~次世代における店舗のあり方~


株式会社 金融経営研究所 代表取締役 山口省蔵

特集2 コンプライアンス・リスク管理基本方針の要点と営業店管理態勢の構築

 2018年7月に公表された「コンプライアンス・リスク管理に関する検査・監督の考え方と進め方(コンプライアンス・管理基本方針)」は、パブリック・コメントの募集および回答を経て、10月に確定した。同方針は、2019年4月1日以降を目処に金融検査マニュアルが廃止された後の、金融機関がとるリスク管理の定義、実務対応を示している。そこで、本企画では基本方針の要点を解説し、預金、貸付、管理回収といった金融取引の現場について求められる対応について、視点の変化を中心に解説を行った。

1 基本方針にみる検査マニュアル廃止後のコンプラ対応

2 営業店実務におけるコンプライアンス・リスク管理の実践


KOWA法律事務所 弁護士 池田聡

特別企画 金融実務に対する相続法改正の影響

 40年ぶりに相続法が大幅に改正されたが、主な改正項目は、生存配偶者の保護、遺産分割・遺留分制度の変更など6つ。そこで今回は、相続法改正により金融取引がどのように変わるのか、それぞれ具体例をあげて解説を行った。


響法律事務所 弁護士 瀬戸 祐典

特別研究 顧客の資産寿命延長提案とサービスの考察

 人生100年時代といわれる昨今、リタイア後30年以上においては、限られた資産を蓄財するだけでなく、運用しなければならない。また、長寿化に伴う認知機能の低下も踏まえたサービスの対応も求められる。そこで、本稿では、退職後の顧客の資産運用事例などもあげ、解説を行った。


株式会社大和総研 金融調査部 研究員 森駿介

その他

●窓口渉外における差別的顧客対応とその防止策


巣鴨信用金庫 事務サポート部 課長 平松 知実


●NISA新制度開始と既存口座非課税期間満了時の対応


株式会社すばるFPサポート 代表取締役 高橋政実


●送金取引におけるマネロン防止に向けた顧客ヒアリング・調査の具体的手法


村田・若槻法律事務所 弁護士 足立 格


●連載 決算書読解の本質


第2回 まずキャッシュ・フローを掴み取る


TCHコンサルタンツ株式会社 代表取締役 博士(経済学)石川 英文


●短期集中連載 経営者保証ガイドライン活用のための事業性評価の進め方


第3回・最終回 経営者保証GLの取り組みは地域金融を取り戻す鍵


株式会社エフティーエス 代表取締役 寺岡 雅顕


●不渡事故に関する法務・実務上の留意点


和田好史法律事務所 弁護士 和田 好史


●事業譲渡の法務・実務 ケーススタディ


京都学園大学 経済経営学部 教授 渡邊 博己



●連載 金融機関の“フィービジネス”の推進と提案事例


〔第8回・最終回〕各種サービスにおけるフィー獲得②


大澤 昌弘


▼ニッチビジネス研究(第26回)


――音声合成エンジンの開発~株式会社エーアイ


本誌編集部


▼民法改正 取引先の契約・取引実務はここが変わる(第9回)


――定型約款


東京北辰法律事務所 弁護士 山崎哲央


▼事業再生・事業承継支援 ターンアラウンドマネージャー(TAM)からの現場改善報告(第8回)


――ハンズオン型経営コンサルティングにおけるスキルの基本要件


企業再建・承継コンサルタント協同組合(CRC)



巻頭言 次世代に求められる金融機関のビジネスモデル



成蹊大学 経済学部教授


永野 護



今月の指針

金融商品販売テーマ型投信と共通KPI/融資取引他金融機関との与信保全バランスを考える/店内事務銀行調査の考え方/営業推進新規開拓は取引開始後の一手が肝心


金融行政キーワード