トップページ  > 雑誌  > 銀行実務2020年9月号
トップページ  > 雑誌  > 銀行実務  > 銀行実務2020年9月号

銀行実務2020年9月号

銀行実務2020年9月号

B5判・96頁
特集1 脱印鑑で銀行実務はどう変わるか
定期購読のお申込はこちら

商品コード:330-2009-0
販売価格(税込) 1324 円
個数

特集1 脱印鑑で銀行実務はどう変わるか


 2020年7月、政府が発表した規制改革行政手続などでの押印の廃止によるデジタル化が盛り込まれた。大手金融機関では既に脱印鑑、電子契約推進の流れは進んでいるが、従前、書面や印鑑による契約を重視してきた金融取引はどのように変わるか。内閣府・法務省・経産省の連名で公表された押印Q&Aなど行政の動きや議論の動向などを踏まえてまとめた。

1 脱印鑑を巡る動向

株式会社あおぞら銀行 コンプライアンス統括部 弁護士 吉田 秀和

2 脱印鑑による実務変更の可能性と課題

潮見坂綜合法律事務所 弁護士 鈴木 正人

株式会社三井住友銀行 総務部 法務室 弁護士 鹿浦 大観

特集2 取引先に提案したいサイバー攻撃対策


 ビジネスシーンにおけるリモート対応が増えるにつれ、コロナならぬコンピューターウイルス攻撃からのリスクヘッジを求められる。サイバー攻撃は年々高度化、巧妙化しているが、取引先から相談を受けた際、金融機関担当者はどのような提案を求められるか。


T&Iイノベーションセンター株式会社 仁木 克己


特別企画 金融サービス仲介業の創設と既存銀行の今後


 2020年6月に金融商品販売法等改正法が成立し、金融サービス仲介業が創設された。新たなサービスは、現行取引にいかなる影響を及ぼすか、また金融機関は金融サービス仲介業をどのように活用すれば良いか。


帝京大学 経済学部 教授・博士(経済学) 宿輪純一



その他



●振込手数料の法的意義と説明のポイント

あさひ法律事務所 弁護士 亀井洋一

●銀行窓口における外貨建て保険販売の態勢整備

キャリアファイナンス研究所 代表 佐藤 彰

●公益通報者保護法改正と金融機関の現場での運用

PwC弁護士法人 弁護士 茂木 諭/日比 慎/蓮輪真紀子

●金融取引の非接触対応研究

株式会社ニッセイ基礎研究所金融研究部主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 福本勇樹

●商業手形担保に関する貸出取引取扱いの留意点

旗田 庸

●短期集中連載コロナ禍を商機に伸びる産業研究

第2回 頭髪ケアクリニック/貴金属アクセサリー製造業/小型商品類運送業/超高級外国車ディーラー

井村清志

●連載金融不祥事 転落の「死角」/第3回  順調な出世から公私混同へと走った「死角」

公認不正検査士(CFE) 井上 享

●返済期限の延長等条件変更の取扱いに関する留意点

片岡総合法律事務所 弁護士  田中 貴一

●取引先の動産・債権等仮差押え手続上の留意点

渡邊 博己

●預金・手形等差押についての留意点

KOWA法律事務所 弁護士 池田 聡

連載

▼ニッチビジネス研究(第43回)

――中小企業へのテレワーク導入提案~株式会社WORK SMILE LABO

本誌編集部

▼ドラマに見る仕事の盲点~預金取引~(第3回)

――過振り

明智 孝

▼ドラマに見る仕事の盲点~為替・交換~(第6回)

――交換呈示と依頼返却

出雲 明

▼金融機関で実践するSDGs(第5回)

――SDGs時代に必要な人材確保とは

接点合同会社 代表 石丸 亜矢子

▼将来トップバンカーになるための行動習慣(第5巻)

――「改革プランナー」としての意識を堅持し、全社の優秀人脈の先頭に立つ

株式会社ライブズガーテン 金融コンサルティング部長 浅見 利男

▼現場発!金融マンが語る課題解決・コンサルティング(第11回)

――現場で最後に求められるのは「K・K・D(経験・勘・度胸)」

米子信用金庫 営業統括部 ビジネスサポート担当部長 中小企業診断士 角 知裕

▼事業再生・事業承継支援専門家からの現場報告(第16回)

――現場で求められる経営者へのコーチング

企業再建・承継コンサルタント協同組合(CRC)

巻頭言

金融サービス仲介業創設に見る 金融取引の新しい様式

一般社団法人Fintech 協会 代表理事会長 丸山 弘毅



今月の指針

金融商品販売テレワーク推進による金融商品販売時の課題/融資推進コロナ禍状況での融資推進の現場の悩み/店内事務金融機関がお客さまに与える「安心・信頼」とは/
金融法務銀行の業務範囲に関するせめぎ合い



金融行政キーワード