トップページ  > 電子商品  > 個人・中小法人の法務と税務相談集Net
トップページ  > 電子商品  > インターネットによる情報提供サービス(個人利用)  > 個人・中小法人の法務と税務相談集Net

個人・中小法人の法務と税務相談集Net

個人・中小法人の法務と税務相談集Net

顧客からの相談に自信をもって対応できる万能データベース。個人・中小企業の相続・不動産・税務・財務・労務・会計にわたる幅広い分野を網羅!

インターネット(イントラネット)による情報提供サービス(個人利用) ※法人等複数ライセンスご利用の場合には、お問い合わせください。

お試し版のご利用は、こちらをクリックしてください。

商品コード:512600003
販売価格(税込) 6000 円
個数



書籍『相談業務ハンドブック個人編』、『相談業務ハンドブック中小企業編』として28年間、驚異のベストロングセラーとして毎年最新データによる改訂で蓄積されたノウハウを、ネット相談としてWebで提供いたします。


●「注目の話題」で“旬”の情報を提供
 税制改正や民法等の法改正、その他事業活動や日常生活に関する法制度の新設等、顧客に影響のある出来事など、“いま”の世間の関心事をピックアップ。個人・法人の取引先への情報提供に十分活用することができます。年3回の更新データ配信により、頻繁な法令改正の最新情報をキャッチアップできます。
●個人の“知りたい情報”496テーマを専門家が明快に解説
 「相続贈与」「不動産売買」「賃貸経営」「確定申告」など個人顧客が抱く法律や税金の疑問に専門家がわかりやすくコンパクトに回答しています。この情報をうまく伝えることで、個人顧客からの信頼性を増すことができます。
●中小企業経営者の“悩み”508テーマに応えるアドバイスを明示
 中小企業経営者の悩みは「相談相手がいない」ことです。このNet配信があれば、金融機関の担当者は経営者の身近な相談相手として「税務」「法務」「労務」「金融」等、様々な分野の悩みに応えることができます。
●関連項目も簡単検索
 テーマごとに、“知っておきたい項目”や“関連テーマ”はワンクリックで検索可能。税務や法律など専門用語の意味を知ることにも活用できます。関連項目を有効利用すれば、顧客の知りたいことの“一歩先のアドバイス”をすることが可能となります。

◆ 注目の話題として約10テーマを収載
◆ 個人の知りたい情報495テーマを収載
◆ 中小企業経営に必要な508テーマを収載
◆ 専門用語を調べたい時も簡単アクセス可能
◆ 常に最新データベースでメンテナンス

これだけの最新データが年額 6,000円(税込)でご利用いただけます!


※ ご利用は10部店以上でお願いいたします。
★ 使用方法3つのパターン

1.本部のサーバーに導入



個人・中小法人の法務と税務相談集Net


画像を拡大する



年間費用:データ利用料として1ユーザー(営業部店)当り年間 6,000円(税込)


●お客様の照会や関心の高いテーマを支店のパソコンからデータを引出し、お届けすることができます。

●相談ケースの改訂があり次第、最新データの入ったCD-ROM送付と同時に支店利用に必要な目次をお届けします。

●テーマの検索は画面の目次、目次小冊子のいずれからでも可能です。


2.必要枚数のCDを配布



個人・中小法人の法務と税務相談集Net


画像を拡大する



年間費用:データ利用料として送付CD-ROM1枚当り年間 6,000円(税込)

CD-ROM代として改訂の都度1枚当り 540円(税込)


●社内のイントラネットが未整備であったり、外出先などでもデータ検索したい場合などには、本部宛に必要枚数のCD-ROMをお送りします。

●配信枚数は、営業部店ごとに1枚ずつであっても、営業ご担当者ごとに1枚ずつであっても構いません。


3.インターネットを利用



個人・中小法人の法務と税務相談集Net


画像を拡大する



年間費用: ・データ利用料として1ID当り年間 6,000円(税込)またはID・パスワードの発給件数に関係なく一律年間 3,240,000円(税込) ・ID・パスワード発給費用として発給時点に1ID当り 270円(税込)

*当社サーバーをご利用の場合は、サーバー設定費(初期費用)として 162,000円(税込)を別途申し受けます。


●利用者に対しID・パスワードを発給することで、御社のサーバーを使わなくても、インターネット経由でデータにアクセスすることができます。

●インターネットに常時接続している環境で外出先でも利用できます。また、自社の取引先、顧客会員などにもご利用いただくことができます。

注意事項

◆データの著作権許諾について イントラネットまたはホームページ等でデータを開放する場合の著作権上の許諾については、上記1〜3の使用範囲内に限り費用の中に含まれていますので、安心してご利用になれます。

◆打出しデータに行(庫)名等を印字しておく場合は、実費料金を頂きます。本支社・営業所にお問合せください。なおこの場合、銀行研修社の制作者の名前は、内容に責任を持つ見地から削除はできません。