トップページ  > 書籍  > 営業店の反社取引・マネロン防止対策ハンドブック
トップページ  > 書籍  > コンプライアンス  > 営業店の反社取引・マネロン防止対策ハンドブック

営業店の反社取引・マネロン防止対策ハンドブック

営業店の反社取引・マネロン防止対策ハンドブック

反社取引・マネロン防止対策研究会 編

B6判・並製・208頁・平成26年4月発行

商品コード:111144362
販売価格(税込) 1600 円
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

 反社会的勢力等からの不当要求の有無に関わらず、同勢力との関係遮断の徹底が金融業界にも強く要請されるようになっていますが、関係遮断が進んでいない面もあり、金融当局は取組み徹底を強く要請するに至っています。また、犯罪勢力の資金源を断つという同様の観点からは、マネーローンダリング防止への取組み徹底も重要であり、厳格な規制の下で該当取引の未然防止・監視等を行うことが国際的にも強く要請されています。

これらの取組みを実質的に担うのは、営業店の店頭に立つ担当者に他なりません。そこで本書は、こうした担当者の意識を高め、具体的にどのような実務対応をすればよいのかを理解してもらえるよう、これら取引防止についての注意事項を、詳細かつ分かりやすく解説しました。

問題を生む「曖昧な対応」をさせないための携行書!

●簡潔な表現・解説

犯罪収益移転防止法や金融検査マニュアル、監督指針等に基づいて取引対応を徹底する必要がありますが、難解な表現もみられます。本書は「何をすべきなのか」「何をしてはならないのか」という観点からこれらのルールを読み解き、具体的な表現で解説しています。


●判断に悩むケースを網羅

現場で一番の問題となるのは「判断に悩むケース」ですが、ここに問題発生の可能性が多いに含まれています。本書はこうしたケースを実務に精通した執筆陣に掲げてもらい、対策を明記しましたので、「どのような対応をすべきか」がはっきり分かります。


●すぐに手に取れるB6判ハンドブック

反社取引・マネロン防止は異例取引対応であり、かつ、間違った対応を決してしてはならないものですから、問題となりそうな局面に遭遇したらすぐに専門書等を参照すべきです。本書は机上に置きやすい・携行しやすいB6判サイズでまとめました。

(主要目次)

第Ⅰ編 反社会的勢力との取引防止対策

第1章 対策にあたっての基礎事項

第2章 対策に関する法規制

第3章 取引開始時点における対策

第4章 取引開始後における対策



第Ⅱ編 マネーローンダリング防止対策

第1章 対策にあたっての基礎事項

第2章 対策に関する法規制

第3章 取引開始時点における対策

第4章 取引開始後における対策