トップページ  > 通信教育  > 金融商品マスター講座
トップページ  > 通信教育  > 営業推進  > 金融商品マスター講座

金融商品マスター講座

金融商品マスター講座

銀行研修社 編
■受講期間 3カ月コース
■添削出題 3回
■テキスト 3冊

商品コード:2131BC008
販売価格(税込) 12600 円
個数

 金融審議会ワーキンググループの報告は“老後資金不足2,000万円”と物議を醸しましたが、逆に多くの個人顧客が老後のための資産形成への関心を高めることにつながりました。また、金融庁の行政方針においても、資産形成アドバイザーとして金融機関の的確なアドバイスを強く要請しています。そのためにも顧客本位の業務運営に則り提案する金融商品に関する知識をしっかりと身に付けなければなりません。本講座は、金融機関が販売するすべての金融商品知識が身に付くよう、基本商品から複雑な商品まで、その商品の仕組みから税制、運用提案のポイントまでを詳細かつ分かりやすく解説しました。お客様の資産運用ニーズが多様化するいま、正確な商品知識をベースに、あらゆる相談に自信をもって応じることができる、営業担当者・窓口担当者の提案力強化の必須講座です。

商品知識の徹底強化で資産運用提案の礎を築く


●資産寿命の延伸提案に必須の金融商品知識
超高齢化社会をむかえ、資産寿命は確実に伸びており、将来に不安を抱えるお客様は確実に増えています。資産寿命を延ばすには様々な金融商品で効率よく運用することが必須です。お客さまと直に接する営業担当者や窓口担当者には、間違いのない金融商品の知識が必須です。
●商品知識がなければ“売れない”時代
お客様のライフスタイルの多様化に伴い、金融商品の運用も多様化しています。また情報社会の進展で商品に対するお客様の目も肥え始めました。金融のプロとして満足度の高い提案を行えるよう、本講座は金融機関が販売できる商品の商品性から仕組み、税金に至るまで徹底解説しましたので、正確な知識で自信を持った販売が可能となります。
●営業推進の礎をがっちり構築できる構成
本講座は各商品の解説に充分な紙幅を割き詳細な解説を加えました。また税制優遇等の制度を始め、運用のテクニックまでをわかりやすく解説しましたので、金融商品販売の初級者の基礎固め、既に販売を行っている方の知識の再強化に最適です。


主な内容


<テキスト1>  金融商品の基礎と預金・債券
1.金融商品の範囲
序 金融商品の特性
2.金利・利回りの基礎
3.金融商品に関係する法令
4.金融商品とマーケット
5.金融商品の税金
6.預金商品
7.債券
<テキスト2>  投資信託・株式・保険の基礎
1.投資信託の仕組み
2.株式の基礎知識
3.保険商品
4.その他商品
<テキスト3>  複雑な金融商品の仕組み
1.複合型預金商品と運用テクニック
2.複雑な債券商品と運用テクニック
3.投信信託商品と運用テクニック
4.株式の投資とテクニック
5.保険の活用 

(内容は変更することがあります)